雇用関係助成金の活用支援

助成金とは、一般的に厚生労働省所管で取扱っている支援金のことです。

厚生労働省で取扱っている支援金は条件さえ満たせばどんな企業でも貰うことができ返済する必要はありません。

繰り返して言いますが、助成金は返済不要です。

もらってお得な助成金を積極的に活用して経営を盛り上げていきましょう。

☆雇用関係助成金の計画~助成までの流れ

クリックして拡大

1 助成金を活用しよう

知らないと損をする雇用関係助成金

有期雇用労働者に向けた助成金が手厚くなっています。

正社員は教育するけど、パート、契約社員などは教育訓練する機会に恵まれない

こんな統計から、パートや契約社員などの有期雇用契約の人材に向けた教育訓練の助成金が充実しています。

また、正社員の割合を増やす国の施策からパートや契約社員などの有期雇用契約の人材を正社員に登用する事で申請できる助成金もあります。

社内の教育体系や評価制度・キャリアコンサルティング制度を導入する事で申請できる助成金など

☆事例

契約社員などの有期契約労働者を5名訓練して正社員に登用すると最大約500万円

社内の教育体系や評価制度・キャリアコンサルティング制度の導入最大180万

2 助成金の種類

雇用関係助成金

・高齢者・母子・障害者を雇用した時

・従業員の処遇や職場環境の改善を図る場合

・仕事と家庭の両立に取り組む場合

・従業員に教育訓練を行う場合

・労働時間・賃金・健康確保・勤労者福祉関係の助成金


お勧めの助成金 キャリアアップ助成金


有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者(正社員待遇を受けていない無期雇用労働者を含む。以下「有期契約労働者等」という)の企業内でのキャリアアップ等を促進するため、これらの取組を実施した事業主に対して助成金を支給。

①正規雇用等転換コース

②人材育成コース